K.H.botに関するメモ。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

証券口座の配当金受け取り方法、初期設定と変更に関するメモ。

今年4月に証券口座を開設した。多くの企業が中間配当の権利確定日を設定している9月末に4つの銘柄を持ち越したのでこの頃優待や配当の明細が届くようになった。

 

以前から親に届く通知書を見ていたので、普通は中間決算書類とかと「配当計算書」と書かれた横長の紙が一枚入っているのは知っていた。それで証券口座を確認するとキチンと配当が振り込まれている。という感じ。

 

しかし初めて自分宛てに届いた書類を見て「あれ?」と思った。いつもの「配当計算書」の他に「配当金領収証」というのが入っていて、印鑑を押すスペースと、ゆうちょ銀行のマークがある。

 

これはつまり配当金を受け取るにはゆうちょ銀行に出向かねばならず、手続きを経て現金で受領するようになっている。と気付いた。

そこで証券口座の配当金受け取り方法について調べてみた。

 

  •  4つの配当金受け取り方法

あまり知らなかったが、保有する株数など証券の情報は「証券保管振替機構(通称:ほふり)」を介して各証券会社で共有されているそう。そのためSBI証券ではこんな注意書きがあった。

複数の証券会社に口座をお持ちの場合、SBI証券で受領方式をお手続きされますと、他の証券会社にお預けの株式等の受領方式も変更になります。

 

では具体的に4つの受け取り方法を見ていく。GMOクリック証券SBI証券の説明画像を引用する。

1.株式数比例配分方式

→それぞれの証券口座で権利確定した分だけそれぞれの証券口座に振り込まれる。

 f:id:Koba_Hiro_bot:20161203000016j:plain

 

2.登録配当金受領口座方式

→指定した一つの金融機関口座に、1つの銘柄につき、すべての証券口座で合算した配当金が振り込まれる。

 f:id:Koba_Hiro_bot:20161203000038j:plain

 

3.(従来方式1)*1配当金受領証方式

→「配当金領収証」が送付され、郵便局等に行き、現金で受け取る。

f:id:Koba_Hiro_bot:20161203000103j:plain

 

4.(従来方式2)個別銘柄指定方式

 →銘柄ごとに発行会社*2に届け出をすることで、指定した金融機関に振り込まれる。

f:id:Koba_Hiro_bot:20161203000128j:plain

 

  • 自分はどの設定になっていた?どれを選ぶべき?

3番「配当金領収証方式」になっていた。初期設定ではこれらしい。SBI証券GMOクリック証券ともにそうだった。

口座ごとに損益など管理しているので1番「株式数比例配分方式」に切り替えた

なお「配当などインカムゲインを別の貯蓄として貯めたい!」とか、「確定申告に向けて年間の配当金額をわかりやすくしたい!」とか理由があれば2番のあらかじめ指定した金融機関に振り込まれる方式でも良い。

 

  • その他メモ

・配当受取方法の変更はとても簡単で、証券口座にログインして口座管理や口座情報画面のところを探せば「配当金受領サービス」とかなんとか書いた欄と変更ボタンがある。数度のクリックですぐ完了する。

 

・NISA口座を開く場合、「株式数比例配分方式」を選択しないと非課税にならないらしい。ひょっとしたら開設時に配当受取方法の選択画面があるかも知れないが、NISA口座は開設する歳の1月1日時点で満20歳でないと開設できず、今回年齢の問題でスルーしたため来年確認して追記する。

 

参考URL

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

GMOクリック証券 - 配当金 | 株式取引 | サービスガイド

東京証券代行 | 上場を計画されている会社様へ

株主メモ:株主・投資家向け情報

野村證券 | 株主名簿管理人(証券用語解説集)

これを見ればわかる!SBI証券に口座開設する流れを画像つきで徹底解説 - ノマド的節約術

*1:「従来方式」というのは、株券電子化の施行に伴って1~2番のやり方が一般的になっているため。普及してるなら初期設定こっちにしないで欲しいが…

*2:上場企業には「株主名簿管理人」という株式に関する事務代行機関の設置が義務付けられている。主に信託銀行などが担っていて、株を保有した場合の各書類はそういった代行機関が発行して送ってくる。

クレジットカードの付帯保険に関するメモ(海外旅行保険)。

パスポートさえ持っていないけどクレジットカード付帯の旅行保険が気になったので調べたメモ。後半完全に自分向けで考えている。

 

参考URL:海外旅行保険はクレジットカードで十分か!?あまり知られていない補償内容の仕組みや「自動付帯」と「利用付帯」の違いを徹底解説!|おすすめクレジットカード比較|ザイ・オンライン

 

  • クレカの旅行保険の注意点

・保障される治療費等の金額がちょっと少ない場合がある。
・旅行中の病気死亡は保障されない場合(=疾病死亡の記載ナシの場合)
緊急歯科治療費用が補償されない場合(=緊急歯科治療の記載ナシの場合)
付帯保険では一旦治療費を払ってから後で補償される。普通の旅行保険だと自己負担無く進められる場合がある。

「自動付帯」と「利用付帯」があり、後者だと条件を満たさないと保険が適用されない。事前に確認すること。

  • 比較と概要

上記URLより引用:一般の旅行保険との比較↓

f:id:Koba_Hiro_bot:20161201194428p:plain

もし複数カードを持っていれば、「傷害死亡」「障害後遺障害」については保有しているカードのどれかから高い保障金額のものが適用されるが、その他については合算が可能。もし海外旅行に行くなら是非とも複数持ちたいところ。

上記URLより引用:合算の例↓

 

f:id:Koba_Hiro_bot:20161201194628p:plain

 

  • 自分の現状と持つべきカードは?

→現時点の保有カードは
1.「三井住友VISA デビュープラスカード」(付帯なし)
2.「ビックカメラSuicaカード」(オマケ程度に自動付帯)
で、海外旅行保険は非常に寂しい状況。

・色々比較したが、現在保有を考えている楽天カードを迎え入れればマシな感じになりそう。

・26歳時点で自動的に切り替わる「プライムゴールドカード」を使うとかなり充実した印象になる。それまでの選択肢としては「学生専用ライフカードもアリで、海外での決済代金の5%がキャッシュバックされる上に自動付帯で楽天カード並の内容と、非常に充実している。

 

保有カード+楽天カードの適用額と、2つのカードの概要↓

f:id:Koba_Hiro_bot:20161201202054j:plain

→プライムゴールドカードは、傷害死亡・後遺障害についてのみ利用付帯で4000万円の追加補償がありどちらも自動付帯と合わせて5000万円になる。その他についても自動付帯。

 

・一般保険との比較

自分の状況と一般保険を比較してみる。
例えば1週間のタイ旅行をしたいとする。損保ジャパン日本興亜での保険は以下。

 f:id:Koba_Hiro_bot:20161201202451p:plain

費用は概ね3,000円程度。クレカ付帯の保険と比べると、傷害死亡後遺障害・携行品損害の他は優れている。もしくはクレカ付帯保険にはそもそもついていない。

上から順番に見ていく。(場合による支払いの可否については今後また調べてみたい)
なお、一般保険にしかないものは太字。

1.傷害死亡後遺障害
クレカで十分。むしろもしもゴールドカードなら5000万円まで保障がある。

2.治療費用
クレカでは合算しても500万円程度になり2000万円は魅力的か。実際かかりそうな治療費を考慮したい。

3.疾病死亡
旅行先で病気にかかり死んでしまった場合など。クレカには付帯ナシが通常。家族等がいて必要があれば。

4.賠償責任
クレカでは合算ができるため1億円でも意外と差がないかも。

5.携行品損害
クレジットカードの方が便利そう。楽天カードだけでもほぼ同等程度には付く。

6.救援者費用
被保険者の救援に係る費用の保障。一般保険のほうが手厚いが、実際いくらかかるのか考慮したい。通常危険なことをしなければ500万円程度あれば十分そうにも思えるが、事前に調べる余地がある。

7.航空機寄託手荷物遅延等費用
手荷物の到着が遅れた際、やむを得ず購入した物品の代金を補償。旅行内容によっては考慮。例えば単身の短期旅行などではいらない場合も多いだろう。

8.航空機遅延費用
欠航や運休時の宿泊費等が2万円まで保障される。オプションなので追加料金60円程度が必要。
保障額、保険料ともになんとも言えないが不安な人はどうぞ…と言ったところ。

  • 総評

海外旅行保険については楽天カード並の保障がついたカード2枚でかなり賄えると考える。
・自分は現状三井住友VISAデビュープラスカードとビックカメラSuicaカードしかなく、非常に乏しい状況。
・もし海外旅行保険を充実させるならば26歳までは楽天カード+学生専用ライフカードあたりは年会費無料でとても良い。その他には「REXカード Lite」「エポスカードなども良さそうに思えた。年会費無料でも条件の良い付帯保険がある。

・通常のライフカードやREXカードだと保険が無かったり次年度以降年会費を払う必要などが出てくるため比較したほうが良さそう。

・多くの場合、年会費が5000円程度かかるようなゴールドカードは空港ラウンジサービスも含めかなり充実しているような印象。旅行行く人なら便利なんだろうと思う。

 

その他参考サイト

クレジットカード付帯保険|クレジットカードはライフカード

クレジットカードのサービス一覧|クレジットカードはライフカード

エポスカード|海外トラベルサービス|海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険|クレジットカードの三井住友VISAカード

ビューカードの国内・海外旅行傷害保険:ビューカード

楽天カード: 海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険|トラベルサービス(海外旅行)|カードサービス|ジャックス

 

海外旅行保険クレジットカードの落とし穴 | 海外旅行保険を安くする方法

海外旅行保険が付帯する年会費無料クレジットカード ベスト5 (2015年版) - ANAとマイルのパパじゃない

「LINE Payカード」・「au WALLETカード」・「Vandleカード」に関するメモ。

 

 前回メモからの続き。ブランドプリカ3種のメモ。

about-k-h-bot.hatenablog.com

 

  • LINE Payカード(ブランド:JCB

コンビニで随時入手できるようになった。(デザインを選びたいときはアプリから申し込む)

→注意:コンビニで入手する際、チャージ額を指定して支払うが、その後アプリで利用手続きがある。LINEユーザーでないと使えない。コンビニで入手してもすぐ使えるわけではない。 

 

・利用額(チャージ額ではない)の還元率2%が魅力(普通クレジットカードの還元率は0.5%~1%程度)、LINEポイントで還元され、LINE系サービス各種のほか1P=1円からこのカード残高にチャージすることもできる。

 

・コンビニや銀行を利用してチャージが可能だが、クレジットカードからはチャージできない。

 

・残高の上限について。

→このカードは「LINE Pay」サービスと紐付けられており、2種類のアカウントがある。カードに関しては上限額と出金できるか否かの違いがあるほか、下記のように利用範囲に差がある。

1.「LINE Cash」本人確認無く使えるアカウントで上限は10万円。LINEカードでの利用のほか、LINE Storeの決済で使える。

2.「LINE Money」本人確認を済ませることで上限額が1000万円になり、1回あたりの決済上限額は100万円になる。その他友達への送金サービス、残高を出金できる(手数料が税抜き200円かかる)。銀行口座に近いイメージがある。

プリペイドカードという性質を考えるとデフォルトのLINE Cashで十分だが、クレジットカードとして考慮するなら上限10万円では少ない人もいるだろう。

 

・全体としてはメリットの大きいブランドプリカという印象。LINEを使う人なら入手しやすく、デザインもポップで可愛い。

 

  • au WALLETカード(ブランド:Master)

 ・auユーザーでなければ作れない。

 

・利用額に対してのポイント還元率は基本0.5%auの携帯代やau光回線代については1%。ポイントの変換については1P=1円でカードにチャージできるが、「100円単位で月一回のみ」という制限がつく。

 

チャージはauかんたん決済・じぶん銀行・クレジットカードが中心になる。

auショップに出向くなら現金でのチャージも可能ではある。

クレジットカード決済によるチャージができるためポイントが二重取りできる。(1%還元のクレカと合わせれば1.5%程度になる。

 

・残高の上限について。以下のサイト参考。

upin.jp

このau WALLETプリペイドカード自体の上限は【10万円】です。その他、チャージ方法によってチャージ可能金額が異なります。

au かんたん決済■
20歳未満: 3,000円/月
20歳以上でau 加入月数1~3ヶ月の場合: 5,000円/月
20歳以上でau 加入月数4ヶ月以上の場合:10,000円/月

じぶん銀行
5,000円・7,000円・10,000円・15,000円・25,000円の5段階

■クレジットカード(対応しているカードの場合)■
3,000円・5,000円・7,000円・10,000円・15,000円・25,000円の7段階

auショップやPipitショップ■
500円・1,000~10,000円(1,000円単位でチャージ可能)・15,000円・20,000円・25,000円

■WALLETポイント■
100円~20,000円まで100円単位でチャージ可能(月1回)

 

・CMも多く身近な携帯電話会社の運営するサービス、便利な支払い方法であるためユーザー数は多そう。

・クレジットカードでチャージでき、ポイント二重取りができるのが最大のメリット。しかし印象としては制限が多く、auユーザー以外は使えないこと、カード自体の還元率が低いこと、クレジットカードのチャージにしても単位が大きいことなどは多少気になる。

・現状auと契約していてクレジットカードを保有している人なら選択肢の一つ…という程度。

  • Vandleカード(ブランド:VISA)

 ・基本誰でも作れる。(未成年は保護者の同意が必要)

・アプリとの連携で利用時にリアルタイムで通知

発行手数料300円がかかる。

 

ポイント還元はない。

 

・チャージ方法に強み。

 などに対応している。

 

・残高の上限は10万円

 

以下本カード特有の仕組み。

・1回のチャージ上限額が3万円。月間の上限が12万円。カード1枚の累計チャージ上限が100万円。

→累計チャージが100万円に近づくとカード更新の通知がくる。

 

 ・120日間使用しないと口座維持費がかかる。残高から100円引かれ、以降30日毎に同額引かれていく。残高が100円未満になるとカード解約となる。

 

・通常使用には問題ないが、口座維持費などかかるので使わなくなるなら使い切るのも必要。

・個人的にはアプリとの連携やチャージがしやすい、特にクレジットカードのポイントはチャージ額でそのまま貰える、カードデザインもシンプルで持ちやすく、サブカードとしては優秀に思う。

・ただ新しいサービスで実績が少ない、チャージ額の限度が認識しづらいなど課題も多い。

 

・総評

良さそうだと思ったカード3つを調べた感じでは万人向けが「LINE Payカード」、auユーザーやクレカポイント重視、かつ無難であるのは「au WALLETカード」、クレカ保有者のサブカードやネット銀行を使いたい人、未成年に持たせたいなどで選択肢になるのが「Vandleカード」、という印象。

 

ちなみに海外事務手数料はLINEとauが4%、Vandleが4.5%でどれも非常に高い。国際ブランドであるため使える幅は広いが、海外利用は選択肢に入らない。

 

追記1:11月30日、ファミマでLINE Payカードを買ってきた。

開けるとQRコードがあるので読み取ると登録画面に行く。LINEアカウントに紐付けられ、6ケタのパスワードなどを設定する。

f:id:Koba_Hiro_bot:20161130165751j:plain

JCB系カードと同じように使え、利用した2%がLINEポイントで還元される。1ポイントからカード残高にチャージすることも出来て非常に便利。

カードのデザインはコンビニオリジナルということで1種類のみ(LINEアプリから申し込むと8種類程度はあった。ただし郵送で1週間ほどかかる)

f:id:Koba_Hiro_bot:20161130165742p:plain

チャージ方法は主に銀行口座からの引き落としやコンビニでのチャージと言うところだが意外と使いづらそう。

銀行口座は説明書に(ネットバンク不要)の記載があるが、これは都合の良い書き方。実際は現状ネットバンクは使えず、メガバンとゆうちょ銀行やりそな銀行、それに比較的大きな地銀が十数行と選択肢は少ない。

コンビニでのチャージはローソンであれば店員に渡すだけだが、その他対応のコンビニでチャージする時は、例えばファミマであればアプリで手続きをし、ファミポートで印刷した請求書を店員に渡して決済するので多少手間。

 

やはり実際持ってみると使い勝手がわかってくる。今後使った時の利用通知など試してみたいと思う。

 

ちなみに、今ならコンビニでの販売記念キャンペーンで120円分残高が貰える。

自分は下限の1000円をチャージしたので+120円は結構お得な気分。

f:id:Koba_Hiro_bot:20161130170327j:plain

 

参考サイト

なんとなくわかりにくいLINE Payの仕組みを徹底解剖。LINE CashとMoneyの違いとは?手数料はどこからかかるの?

LINE Payについて | クレジットカード&電子マネー情報【現金いらず.com】

「LINE Pay」の「LINE Cash」と「LINE Money 」の違いについて | 経験知

LINE Moneyアカウント利用規約

Help Center | LINE

 

【au WALLET】徹底講座!|絶対にマスターしたい《使い方》まとめ|UpIn[アップイン]

WALLET ポイントとは|au WALLET ポイントプログラム

【au WALLET プリペイドカード】… │ au Q&Aプラス

 

バンドルカード サポート

VANDLE CARD[バンドルカード] - これまでにないカード体験を。

ブランドプリペイドカードに関するメモ。

LINE Payカードがコンビニで入手できるようになったらしい。

cards.hateblo.jp

・ブランドプリペイドカードってなんだ?

→国際ブランド(VISA、Master、JCBなど)の決済システムを利用するプリペイドカード。

年齢制限がない、審査がないため基本誰にでも発行できる。今までクレジットカード払いできなかった人たちもネット通販や普段の生活でカード払いができる。

 

・どうやって使う?

カード入手→残高チャージ→クレジットカードと同様に使う。という流れが基本。

 

・普通のクレジットカード利用者だとそんなにいらんでしょ?

→例えばLINE payカードであれば2%のポイント還元、au WALLETカードならクレジットカードからのチャージでポイントが二重取りできる(二度手間だけど)など正直言ってなかなか美味しいのが現状。

→海外の通販とかメインカードで使うのは怖い場面に役立つ。サブカードを持つにしても申込みから待たなきゃいけないわけで、プリペイドなら必要額だけチャージすれば良いし、いざとなればその時ポッキリで使ってもクレジットカードよりは手間がないかも?

→さらにググってたらバーチャルカードという手もあるとか。カード番号の変更が可能で海外通販でも安心!らしいが、リアル・バーチャルどちらも発行しているVandleのQ&Aにはその旨記載ないなど機能はまちまちのようで難しい。プリペイド系カードは奥深い。バーチャルカードについては今度調べるかも。

 

・じゃあどれがいいの?

ブランドプリペイドカード、意外と多くあって発行条件・サービスも様々でいざ持とうと思っても絞り込むのが難しい。

→ただ基本は多くの発行会社がVISA・Master・JCBブランド3つのどれかと提携しているだけなので自分がよく使うお店で使えるブランドのものから選ぶか、こだわりがなけれ下記3つあたりは結構良さそうなのでまた調べてみる。

 

「LINE Payカード」(ブランド:JCB

特徴:入手しやすく還元率が高い

au WALLETカード」(ブランド:Master)

特徴:ブランドプリカを牽引、auユーザーのみ。クレカチャージでポイント2重取りも。

「Vandleカード」(ブランド:VISA)

特徴:新しめのサービス。発行の手間が少なくシンプル。利用履歴への反映が早く確認しやすい。

 

続き

 

参考サイト

第1回 ブランドプリペイドの登場で決済手段競争が過熱 : 1万人調査で読み解くカード決済動向 : 三菱総合研究所

LINE Pay

au WALLET

VANDLE CARD[バンドルカード] - これまでにないカード体験を。

 

ブランドプリペイド | 決済業界の用語解説

ブランドプリカ - Wikipedia

 

Visa プリペイドカード|世界通貨 Visa - Visaカード優待情報

プリペイドカード | MasterCardカード発行会社へのお申し込み・お問い合わせ | MasterCard®

JCBプリペイド │ JCBブランドサイト

メモリ増設とPCの構成に関するメモ。

メモリが届いた。

f:id:Koba_Hiro_bot:20161119173003j:plain

f:id:Koba_Hiro_bot:20161119173053j:plain

いままでは4GB×2だったので、今回の8GBと合わせてこれで合計16GBになった。十分な量だと思う。

PCを組んだ時と比べて変わったところも多いし、組んでから約一年経つので構成もメモしておく。

 
テンプレは以下から拝借した。
【CPU】 intel Core i5-6400
【CPUクーラー】 リテール(付属品)
【メモリ】Crucial CT4G4DFS8213×2 , CT8G4DFS8213×1
マザーボードASUS H170-PRO
【電源】 Corsair CX500M (500W)
SSD】 CFD CSSD-S6T480NMG1Q(480GB), Transcend TS128GSSD370S(128GB)
【HDD】 WESTERN DIGITAL WD10EZEX [1TB SATA600 7200]
光学ドライブ】 I-O DATA DVR-SA24ET2 (DVD)
【その他ドライブ】 Owltech OWL-CR6U3(B) (カードリーダー)
【グラフィックボード】 玄人志向 GF-GTX960-E2GB/OC2/SHORT
【サウンドカード】 オンボード
【その他拡張ボード】 なし
【ケース】 Thermaltake Urban S31 Snow Edition VP700M6W2N-C
【OS】 Windows10
【キーボード】 Logicool ワイヤレスイルミネートキーボード K800
【マウス】 Logicool MX Anywhere 2 MX1500
【ディスプレイ】 EIZO FlexScan EV2450-BKR , iiyama ProLite E2278HD
【スピーカー】 JBL PEBBLES ホワイト
【その他周辺機器】
【用途(ゲームならタイトルも)】
【一言】
【合計金額】
【報告年月日】
 
コスパ重視な感じではあるものの、いつの間にか結構お金がかかっている…。メモリ、マウス、グラフィックボード、スピーカーは後から追加したもの。
 

注文履歴を参照しながらテンプレに書き込んだ。ヨドバシやAmazon、電源はソフマップを利用していた。ヨドバシのポイント還元も考慮した合計金額も今度追々出してみようと思う。